教えてオール電化!Q&A

教えてオール電化!Q&A

オール電化にしようと思ってみたけど、実はよくわからないことって意外にあるのではないでしょうか?
ここでは、そんなお客様からオール電化について、実際よくいただくお問い合わせをまとめてみました。

その他、ご不明な点などありましたらお問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。

答え一覧

  • Q1. IHは安全って本当?

    A1. IHクッキングヒーターはまず火を使いません。ですから火事になる可能性が大幅に少なくなります。今までの火を使った調理では調理中にフリースやセーターに火がうつりあっという間に衣類に燃え移ったなんて事例もあります。また、IHにはさまざま安全機能がついており、お年寄りでも安心してご使用になれます。
    ≪いろいろな安全機能≫
    ■切り忘れ自動OFF(全ヒーター)
     切り忘れても最終ボタン操作から一定時間が過ぎると、ブザーでお知らせし、自動的に通電を停止。
    ■鍋なし自動OFF(左右IH・後ろIH)
     鍋を外すと火力表示が点滅し、約1分後には表示が消えて通電を停止。通電中に鍋を戻すと再加熱します。
    ■温度過昇防止(左右IH・後ろIH)
     鍋底が熱くなり過ぎると、自動的に通電をコントロール。(炒め物・焼き物の予熱時間が長すぎたときなどに働きます)
     温度が下がると自動的に火力は強くなります。
    ■空焼き自動OFF(左右IH・後ろIH※1)
     鍋の空焼き状態が約15分続くと、自動的に通電を停止し、ブザーと異常表示でお知らせ。  ※1 ラジエントタイプは除く
    ■ 電源スイッチ自動OFF
     電源スイッチを入れたまま、ボタン操作しないで15分以上たつと、自動的に切れます。
    ■ オールロック(チャイルドロック)
     使わないときロックしておくと、すべてのヒーターのボタン操作ができません。
    (参考:パナソニック製)

  • Q2. IHはお手入れが楽?

    A2. お手入れはとても簡単です。こちらもIHの大きな長所です。
    IHクッキングヒーターは、トッププレートがフラットなので、普段のお手入れは絞ったふきんでさっとふき取るだけ。ガスコンロのような凹凸がないのでお手入れが簡単です。また、「火」を使わないので鍋底のスス汚れもありません。IHクッキングヒーターをお使いの方のうち、約96%の方が「後片付け、キッチンのお手入れ、掃除が楽になった」とお答えいただいております。(東京電力調べ)

  • Q3. なぜIHクッキングヒーターだとキッチンが快適なの?

    A3. IHクッキングヒーターは鍋自体を加熱するので、無駄な熱を室内に放出することが少なく、キッチンまわりの温度上昇や体温上昇を抑えることができます。夏でもお母さんが大汗かいて調理することなく、快適なキッチン環境を保ち、冷房にかかる費用の節約にもつながります。また、弊社のお客様から「今までは炎が揺れるので窓を開けられなかったけど、キッチンの窓が開けられて風が自然の風が入って夏でも涼しくて快適」という声も頂きました。

  • Q4. IHは電気代がかかるのでは?

    A4. 調理にかかる光熱費の比較ですが、都市ガスを使ったときのガス代とIHを使ったときの電気代はほぼ同じと言われいて、IHの調理にかかわる電気代は月額1500円程度と言われています。IHは経済性も損なわず、安全・快適・便利な調理が可能となります。

  • Q5. IHの購入費用は?

    A5. IHは各メーカー様々な種類があり、定価は20万円〜40万円で販売されています。工事費も含めた相場は15万円〜30万円となっております。上位機種は、3口IHとなっていてあらゆる金属鍋が使用可能なオールメタルコンロが両口あるものがあります。

  • Q6. 火がないので、操作しているかどうかわからないのでは?

    A6. IHトッププレートに、現在の火力の強さを示す表示が点灯しますので問題ありません。しかも、上面に表示されているため、炎の場合のように、かがまなくても火力の強さが ひと目でわかります。また、空焚きや鍋無しの状態で加熱した場合の自動OFF機能やチャイルドロック機能など、安全機能も充実しているので、万が一の場合でも安心です。

  • Q7. システムキッチンだけどIHクッキングヒーターに取り替えられるの?

    A7. ほとんどのシステムキッチンは、統一の規格サイズ(幅60p)に合わせて作られています。ビルトインタイプのIHクッキングヒーターもそれに準じたサイズになっているので、取り付けが簡単にできます。人気のワイドタイプも同様です。(海外製キッチンなど、ごくまれに規格サイズ外の場合があります)。200ボルト電源の電気工事が必要になりますが、ほとんどの場合、分電盤まで200ボルト配線が来ていますので分電盤から200ボルトの電源工事をおこないます。

  • Q8. 電気にすると操作の勝手が違うのでは?操作が難しいのでは?

    A8. メーカーによっては大型液晶パネルでタッチ式の操作ボタンが付いていたり、 タイマーや温度調節が自動でできる機器がありますので、 お年寄りの方にも簡単に操作ができます。また最近では、上面プレートに操作ボタンがついたタイプが登場しており、 かがまなくてもラクな姿勢のまま操作できるようになりました。調査結果によると 、9割近いユーザーの方は「約1週間で操作(製品)に慣れた」と答えており(注)、すぐに使いこなせるようになるでしょう。なお、60代以上の方でも、83%が「1週間で慣れた」と答えており、高齢の方も上手に使われているようです。

    (注)パナソニック株式会社 472名への調査結果

  • Q9. 電気だと美味しくできるか心配・・・煮えムラ、焼きムラは大丈夫?

    A9. IHクッキングヒーターのセールスポイントのひとつは、驚くほどの強い火力。 磁力線によって鍋自体をヒーターのように発熱させるから熱効率がよく、炒め物もシャキッと美味しく仕上がりますよ。また、微妙な温度調節の必要な揚げ物も得意。お好みの温度にワンタッチで設定できるため、揚げ物が苦手な方にもピッタリです。また、煮込料理も、長時間とろ火でも立ち消えの心配がなく、マイコン制御で一定の加熱を保ち続けられるためおいしくできます。ロースター内では、炎の燃焼による余分な水蒸気が発生しないため、 魚も上手に焼き上がります。両面自動焼きが主流なので、ひっくり返す必要もありません。

  • Q10. IHであぶりものや直火焼きの料理はできるの?

    A10. ラジエントヒーターやロースターでおいしくできます。
    ラジエントヒーターは、燃焼による水分が発生しないので、海苔やスルメもパリッとあぶることができます。
    また、直火焼きの料理としては、かつおのたたきはフライパンで、焼き茄子はロースターで調理することができます。

  • Q11. IHで使える鍋はどんなものがあるの?

    A11. SGマークのあるものやメーカー推奨の鍋をお勧めします。
    新しく購入されるなら、SGマークのあるものや、メーカー推奨の鍋をお勧めします。
    また、IHクッキングヒーターについている、ラジエントヒーター(3口目の奥のヒーター)なら、現在お手持ちの鍋のほとんどがご使用いただけます。

    IHで使える鍋の選び方(東京電力)
    http://www.tepco-switch.com/know/ih/howto/pan-j.html

  • Q12. IHで中華鍋は使えるの?

    A12. 底の丸い中華鍋は使えませんが、IH対応の中華鍋があります。
    底の丸い中華鍋はガスの炎の形に合わせて作られていますが、IHクッキングヒーターにも使える底の平らな中華鍋も販売されています。

  • Q13. 電磁波の心配は?

    A13. IHクッキングヒーターから発生する電磁波は、国際的なガイドラインに適合していることから、『人の健康に影響を与えることはない』と判断しております。ただし、心臓ペースメーカーをお使いの方は、念のため専門医師とご相談ください。